ユーグレナ|辛い腰痛は早めに改善|飲むだけで痛みが和らぐ時代
カップル

辛い腰痛は早めに改善|飲むだけで痛みが和らぐ時代

ユーグレナ

粉末とサプリ

サプリメントとして耳にすることが多いユーグレナですが、この名前は学名で日本では「ミドリムシ」という名前で知られています。名前に「ムシ」と付きますが、昆虫ではなく植物の藻の一種で0.05mm程しかない微生物です。5億年ほど前から存在している原始的な植物ですが、今でも淡水でごく普通に生息している生物です。水田等浅い水が溜まった所で春から夏にかけてよく発生します。気温が上がりすぎる等生息に適さなくなると、休眠状態の様になり水面に緑色の粉が吹いたようになるのが見られます。このミドリムシは葉緑素を持っていて自ら光合成を行います。しかし、一方で体の先端にある鞭毛という毛のようなものを動かすことで移動することができるという動物的な性質も持っています。そのため、「単細胞生物は動物植物の区別が難しい」という生物学上の好例によく挙げられています。

近年になって大量生産ができるようになり、ユーグレナの名前でサプリメント等栄養補給食品として注目を集めるようになりました。栄養補給なら他の植物でも良いように見えますが、一般の植物には硬い細胞壁(セルロース)を持っています。人間は体内でセルロースを分解できないので栄養素の一部しか吸収されません。一方、ミドリムシは細胞壁がないので栄養素の吸収率が非常に良くなります。中でも、パラミロンという食物繊維の一種はミドリムシ特有の成分です。パラミロンの表面には無数の細かい穴が開いていて、人の体内に入ると中性脂肪やコレステロールをその穴に吸収して外へ排出します。そのため、病気の予防にも役立ちます。サプリメント等食品以外の分野では、ミドリムシが光合成によって作り出す植物性の油をバイオ燃料として使おうという研究も進められています。その油を、元々石油で作られているプラスチックの原料にしようという研究も行われています。